島根県の工場視察

先週の木曜日と金曜日、商工会で島根県、東部の益田地区の工場視察に行ってきました。
日本海側の松江から特急でも時間以上かかるほとんど山口県に近いところです。学生旅行で昔行ったことはありますが、最近は仕事関連もなく、ご無沙汰している地域です。 羽田から1時間ほどで、石見、萩空港に着きます。あいにくの日本海側の気候で、曇りで時折雨交じりのあいにくの天気でした。 晴れていれば温暖ないい気候の地方だそうです。臨空工業地域は空港からすぐそばにあり、立地がよく、便利です。交通の便はほとんど車で、鉄道も1日10本ぐらい。松江に行く特急も1日3本です。高速道路もまだ本格的に開通しておらず、でも広島までは2時間ほどで行けるそうです。 産業も、金型工場、機械部品工場、半導体関連工場があり、若い人が結構居り、人手不足はあまりないそうです。Iターン、Uターンの方もいらして、住むには良いところです。勤勉な若者が多く、県の技術高等学校もあり、いろいろな分野の技術指導がされてます。 町が小さいため、車で通勤も20分以内で出来、町の主な役所も20分ぐらいで行けて、市の立派なホール、ホテルなど新しい施設が整っています。海外に出た企業がまたこの地に戻ってきたりと、結構活気に満ちた町の様子でした。 交通、宅急便などの物流が発達した今日、地方での工場もありかな、、、と感じた工場視察でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。