大型ワイヤーカット部品加工

今日は当社としては大きめの部品加工を行っています。
0.5mmの珪素鋼板の積層材で、厚さが100mmほどの加工物の加工です。4隅をボルトで固定し位置決め用の丸穴と、中心の異形状穴の加工です。
 水の加工機でも約36時間ほどかかる仕事です。木曜日にセット、位置出しを行い、丸穴の1st加工後切り落とし、仕上加工を行い、中心の穴の加工を行いました。
製造業もコロナの影響で仕事量が激減しており、新たな仕事の動きが読めない状況です。 昭和38年に大学を卒業し父の会社に入社した直後の第1次オイルショックからバブルの時代、それが消えてなくなり製造業の中国などの海外移管、ハイテクショック、リーマンショック、東日本大震災などの災害という変動を体験してきました。
 3年後には、「そんなこともあったね」といえるように時代を乗り切っていきたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。