ピンゲージで確認する部品加工

 ワイヤーカットで部品加工の依頼で、特に大きな径の加工依頼の際、測定が難しい場合があります。
 この製品は内径が40H6の要求が求められています。以前は3次元測定機で内径、外形を測定していましたが、円の測定の際、3点測定だと径が大きな場合、正確に測れないようです。 

 特定の3点、又は4点で自動的に円の直径を割り出します。多少円がゆがんでいる場合でもそれなりの結果が出てしまうようです。 この場合、ピンゲージを用いてマイナスのほうが入るような形で加工することを求められます。得意先の検査方法を参考にそれと同じような検査方法を取りました。

 IMの画像測定機で円弧から測定する方法だと小さめな結果となり、3次元では点の取り方によって大きく数値が出てしまうようです。 結果的には得意先がとっている方法で行いました。
 ピンゲージは高価なのですべてを取りそろえることは難しいですが、要求される製品を作るため準備したいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。