電力料金の管理

当社では電気保安業務を、日本テクノに依頼しています。 

 電力の使用量はワイヤーカット加工がメインなので当然仕事の為にも必要ですが、単時間当たりの電力量となると年間でこの時期が一番多く使います。 

 昨日は本来ならば彼岸を過ぎ多少涼しくなる季節ですが、先週に比べ暑くなり気温もかなり上がりました。おまけに加工機がワイヤーカット5台、放電加工機が1台、エアコンもフル稼働し、近年で最高の使用量となってしまいました。 

 スマートメーターを事務所内に置いており、刻々と変わる使用量が30分単位でわかります。クーラーの設定温度を下げたりしましたが、今年の春に新規の設備投資をしたので、その分増加してしまいました。年間固定の基本料金が3Kw分増加してしまったので、年間にすると36,400円余りが上がることになります。

 パソコンではこのような1日の電気使用量の変化のグラフが翌日から見ることが出来ます。午後からの数時間が特に電気使用量が増える傾向にあります。電力は製造業にとっては必要なものなので、製造コストの上昇につながります。 設備の増加分以上に仕事の売り上げが上がってくれればいいのですが、長引くコロナ禍の影響で厳しい状況です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。